オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2021年5月号

「コロナによる影響」と「間接的サービスと直接的サービス」

緑輝く季節です。
陽を受けた若葉が木々を明るくしています。
鳥が鋭く鳴いています。

お元気にお過ごしでしょうか。


コロナによる影響
池田 信


コロナは一向におさまらず、三度目の緊急事態宣言が出されました。ワクチンの普及が待たれます。現在のところ、まわりに発症した人はいませんが、最大限の注意が必要です。

コロナのせいで事業不振の人も多いでしょう。報道によると40%の人が収入減になっているとのことです。悪影響はまだまだ続きます。賃貸事業者にとっては、家賃延滞や減額要求や退室が心配です。

毎日新聞の記事で今年の大学の受験生が大幅に減ったとのことです。多くの大学が受験生を減らしていますが、青山学院大学では30%も減ったそうです。学生の安全志向と地元志向です。試験よりも推薦や面接で合格することを選んでいるとのことです。
当社でも大学紹介の入居者が大幅に減りました。これから社会が変化していくのとあわせて当社も変わっていかなければなりません。

これからもよろしくお願い致します。


間接的サービスと直接的サービス
池田 峰


突然ですが、クイズです。
次に挙げる学校の共通点はなんでしょうか?

青山学院大学、麻布大学、和泉短期大学、桜美林大学、神奈川大学、神奈川工科大学、河合塾、北里大学、相模女子大学/短期大学部、自由が丘産能短期大学、女子美術大学、昭和女子大学、専修大学、多摩美術大学、中央大学、東海大学、東京家政学院大学、東京工科大学、東京工業大学、東京都立大学、東放学園音響専門学校、東洋大学、東洋英和女学院大学、日本工学院八王子専門学校、日本体育大学、法政大学、明星大学、山野美容芸術短期大学、横浜市立大学、横浜歯科医療専門学校、横浜美術大学、YMCA健康福祉専門学校(五十音順)

クイズの途中ですが、正解を発表する前に1つお知らせです。

昨年あたりから、いくつかの物件でオートロックの不具合が発生しています。やはり機械には寿命があり、20年前後が目安のようです。程度はまちまちですが、大掛かりなものになると装置一式交換となっています。オートロック付き物件をお持ちの方はご準備ください。

それでは、正解の発表です。
正解は……「管理物件入居者が淵野辺から通う学校」でした。

トーコーキッチン運営開始以降、「淵野辺に住んで通う学校」は「淵野辺にある学校」に限らなくなっていましたが、新型コロナウイルスによる様々な制限がそれに拍車をかけました。オンラインなど安全な間接的サービスの急激な普及により、トーコーキッチンのような顔が見えて安心できる直接的サービスが一層求められるようになったのかもしれません。

以下は、先述の学校がある最寄り駅です。こうして改めて書き出してみると、淵野辺に住んで通学することを選択してくれたありがたみが増すばかりです。

淵野辺、矢部、橋本、相原、八王子みなみ野、八王子、南大沢、中央大学・明星大学、町田、向ヶ丘遊園、相模大野、本厚木、東海大学前、横浜、白楽、鶴見、すずかけ台、青葉台、桜新町、三軒茶屋、表参道、渋谷、自由が丘、白山、新大久保、西新宿五丁目

また、今年の繁忙期は例年に比べて「東京・神奈川にある別々の大学に通う兄弟姉妹が家族世帯向け物件に入居する」というケースが非常に多かったも印象的でした。そのため、3月末には単身者向け物件だけでなく、家族世帯向け物件も次々と満室となっていきました。

ただ、全管理物件満室(入居率100%)にほぼ近い結果となったものの、力不足により達成には至りませんでした。まだお部屋探しのご来店は続いています。100%達成に向け、スタッフ一同、尽力してまいります。

引き続き、お力添えの程よろしくお願い申し上げます。

最近の記事
2021年6月号
「事業者として自信の持てる仕事を」と「アパート外階段崩落事故報道を受けて」
2021年5月号
「コロナによる影響」と「間接的サービスと直接的サービス」
2021年4月号
「激しい変化の中で」と「2021年繁忙期の終了」
2021年3月号
「新しい役割」と「例年と異なる繁忙期、満室実現を目指して」
2021年2月号
「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」
過去の記事
2021年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号