オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2015年9月号

アパート・マンション・駐車場の空きが増えています

酷暑の夏が突然終わり、
雨の日が続き気温も下がりました。
秋がすぐ近くにきています。

お元気にお過ごしでしょうか。

このところ部屋探しの来客が少なくなっています。景気が悪いからでしょうか。
例年このころは、秋から自宅通学をやめて、アパート・マンションで一人暮らしを始める人が多いのですが、今年は少なくなっています。社会人の部屋探しも少なくなっています。

退室する人は例年通りの動きで、例年通りの数です。退室理由では実家へ帰るという理由は例年通りですが、先月は住宅購入という理由が3件ありました。現在住宅ローンの金利が史上最低で、変動金利型の住宅ローンだと当初金利は0.7%程度です。

0.7%の金利で35年返済を選ぶと、3,000万円借りても月々の返済は80,556円でボーナス返済はありません。新築の一戸建て住宅3LDKガレージ2台付で、駅徒歩圏でも3,000万円以内でいくらでもあります。家賃以内で買えるというセールストークの通りです。

しかし35年の返済期間中、低金利・収入の安定性・健康・家庭・天災・事故等のリスクにさらされます。そのリスクを減らす工夫がないと危険過ぎます。長期的には人口減少・高齢化の進行で、住宅価格は下がっていきます。35年後2050年の日本の人口は、1億人をきり、70歳以上の高齢者が人口の30%を占めるようになるでしょう。

経済・社会も大きく変わり住宅ローンを抱えているのはリスクが大き過ぎます。家を買いたいという相談を受けた時は、いつも「やめなさい」と言っているのですが、あまり説得力がないようです。

退室する人の何人かは公営住宅に移っていきました。家賃は2DKで2万円から3万円台です。以前は何回も申し込み、何回も落選するという話を聞きましたが、最近はだいぶ入居し易くなっているようです。昔は公団住宅が高嶺の花でしたが、今は空きだらけのようです。世の中は変わっていきます。

今年の夏はインターンシップの学生が1人もきませんでした。多い時には10人位の学生が入れ替わり立ち替わりきて、当社を活気づけてくれたものでした。今年は就職活動の開始が4月1日から8月1日になったため、夏休みがなくなってしまったのです。学生にとって会社を通して社会をみるという経験が出来ないことは、大きなマイナスだろうと思っています。

8月24日(月)午前2時頃、ヘリコプターの飛ぶ大きな音で目が覚めました。その後2~3時間上空をヘリコプターが飛んでいました。ニュースで米軍の相模原総合補給廠で火事があり、倉庫のガスボンベが爆発したとの事でした。音に驚いて、家の外に出た人も多いとのことでした。中国の天津の倉庫の火災・爆発で、150人以上の人が死亡した事故を思い出しました。

アパート・マンション・駐車場の空きが増えています。新しい入居者を獲得するための新しい工夫が必要です。今回ネット対策強化のため、ホームページを一新します。現在来客のうち5割はネットが入口になっています。そうでない人も当社のホームページを見て、当社を確認しています。有効な方策であれば効果的な投資をして状況を突破していきたいと思っています。

当社管理のワンルームアパートに住んでいる人が、結婚を機に、やはり当社管理の2DKマンションに借りかえてくれました。駐車場を借りている人が、住まいも当社で借りてくれました。留学から帰った人が再び当社で部屋を借りてくれました。
当社は、紹介やリピートや口コミのお客さんが多いのです。
こういう当社とのいわば絆が大切です。この絆を更に太くする方向で考えていこうと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年6月号
「社会の変化」と「今後の課題」
2019年5月号
「今あるものを大切に」と「地域のプロになる」
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号