オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2014年5月号

24時間対応を外注する時代における当社のこだわり

緑が一日一日濃くなっています。日射しも強く、早くも夏の暑さを予想させます。 お元気にお過ごしでしょうか。

当社はいま毎年この時期にやっている仕事をしています。共用灯の交換、屋上の清掃、受水槽の清掃、改善提案につながる物件の見回りなどです。共用灯は少しずつLED灯に変えていっています。5倍から10倍の耐久性があるという説明を受けていますので、しっかり記録をつけて確かめていこうと思っています。

また、植木の剪定、害虫駆除、雑草退治などもこの時期にやります。早め早めに業務をすれば、効率よく気持ちよく出来ます。苦情や要望が入ってからの対応では業務に追われることになります。 暑さに向かっていくので、空室管理も大切な仕事です。いつ入居希望者が部屋に入っても清潔な印象をもってもらえるよう、空気の入れ替えや水を流して腐らせない作業などをやります。また、虫の死骸などがないよう掃除もします。清潔な部屋とキレイな建物外回りは部屋を選んでもらう為の条件です。

4月5月と来客の減る時期ではありますが、毎日ポツポツと部屋探しの来客があります。そして、空室を一つずつなくしていっています。 来店客の部屋探しの理由は色々です。 学生では、実家から通いきれない、今より学校に近いところへ移りたいなどが主な理由です。社会人では、転勤、結婚、離婚、家賃を下げたいなどの理由です。女性ではストーカー被害から逃れたい、安全を求めたいという理由もあります。

当社に来店した理由では紹介・評判・ホームページが多く、敷金礼金ゼロ・入居者サービスなどによく反応しています。駐車場を借りてくれている人が、当社の対応に好意をもってくれて部屋探しに来ることもあります。先日は部屋の再契約に来た方が管理会社が変わるのかどうかを心配していて、変わるなら当社管理の物件に移りたいと言いました。ネット広告の為に他社の社員が写真を撮っているのを目にしたので、管理会社が変わるのかと思ったようです。当社管理に対して高い評価をしてくれていることに感激しました。

5月5日の早朝に震度4の地震がありました。被害はなかったのですが、マンションのエレベーターが停止しました。ガスが止まったところもあると後から聞きました。エレベーターが付いている物件は14棟ありますが、今回停止したのは1基だけでした。その日の午前中の内にエレベーター保守会社を手配して復旧しました。都内は震度5の所もあり、相当数のエレベーターが停止しただろうと思います。

事実都内在住の人に聞いたところ、あちこちでエレベーターが停止したと言っていました。 エレベーターの復旧作業を自社で出来るようにしようと講習を受けた事もありましたが、かなり難しく間違えると事故につながるので、今は断念しました。専門家にやってもらうことにしています。その代わり緊急時にはあちこち復旧しなくてはならないので、復旧までかなりの日数がかかることも覚悟しています。

ゴールデンウィークの最中の地震で緊急対応が必要だったのですが、当社は年中無休の管理体制をとっていますのですぐ対応できました。アパート・マンションの管理をうたっていても長期休暇をとる会社がありますが、当社から見たら信じられない管理体制です。もっとも最近は大手管理会社を中心に、24時間対応を入居者の負担で外注することが増えているようです。外注会社が株式を上場する程なので、かなり広がっているようです。どんな対応をするのか心配なので、当社は全て自社で対応しようと思っています。

ある管理会社は当社と同じ製品のカードキーを使っていたのですが、外注会社で対応できない鍵なので、鍵自体を一般の鍵に戻したという話もあります。自社の労力と負担を出来るだけ少なくするというビジネスモデルを追求していくと、入居者の利便性は失われていきます。それで良いのでしょうか。

当社は自社で対応していくというビジネスモデルにこだわります。大量管理には向かないモデルですが、入居者にとっては安心できるモデルです。将来は大地震も予想されています。当社はそんな時でも入居者とオーナーの為に最適な行動をとることを目指しています。もっと色々とサバイバルの技術を身につけなければなりません。

6月14日(土)にオーナーセミナーを予定しています。 今回のテーマは相続税について知ることです。 来年から相続税が増税になります。かなり大幅な増税ですので、勉強しておく必要があります。今回の講師は元相模原税務署の法人第一統括官を務め、現在税理士事務所を開業している田原憲和税理士です。 是非ご参考にして頂きたいと思っています。

気候の変化が激しいので、お体を大切にして下さい。
これからもよろしくお願いします。

最近の記事
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
2019年1月号
「流動化する時代」と「トーコーキッチン3周年」
2018年12月号
「信頼は毎日コツコツと」と「変化を生む提案を」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号