オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2013年7月号

新しい観点からアパート・マンションのグレードアップ

梅雨明け宣言がでました。
それを待っていたかのように猛暑になりました。
お元気にお過ごしでしょうか。

先日久しぶりに町田の山崎団地・木曽団地の側を車で通りました。昭和40年代の始めから入居が始まり、その当時は羨望の的の団地住まいでした。入居倍率も高かったのです。今は古くなり、住んでいる人の大半が高齢者です。入居者を求める旗がいくつも見えます。歩道橋は手入れされずに錆が目立ちます。隣接する中学校は廃止になったのでしょう、グラウンドに草が生えています。かつての華やかな栄光の時代は去り、寂しい風景です。高齢化・人口減少を迎える日本では、これからはこの光景が当たり前になるのでしょう。

春の移動の時期が終わり、この時期は部屋探しの来客が減ります。まして経済の低迷が続いていますので尚更です。 しかし、色々な事情で部屋探しにくる人はいます。実家から通いきれない、ルームシェアをする、隣がうるさい、道路の騒音が予想以上、安全に不安がある等々、色々な理由があります。昨日は当社の管理物件に住んでいた学生が、その物件が売却されて管理会社が変わったのを嫌がって、当社管理物件に住み替えてくれました。こんなことも時にあってうれしい限りです。 そして少しずつですが空室を減らしています。満室になるとホッとします。

今は予算に余裕がなく、低額の部屋しか決まりません。具体的にはワンルームは月額賃料が3万円台から5万円までです。2ルームでは7万円位までです。ワンルームで6万円以上、2ルームで8万円以上の部屋はなかなか決まりません。 これまで青山学院の学生が好んで借りてくれていた6万円から8万円位のワンルームは、どんなに条件が良くても引き合いがありません。部屋探しのお客様に好立地・好条件をアピールするようにしているのですが、予算を引き上げるのはなかなか難しいのです。最終的には値下げしかありませんが、それはオーナーの皆様と同様に当社もしたくありません。これからは経営にとって厳しい時代ですが、なんとか折り合いをつけて時代に合わせていくしかありません。

このところ新しい観点からアパート・マンションのグレードアップを考えています。 いつでもゴミを出せて近隣に迷惑を掛けないゴミボックスの設置。宅配便をいつでも受け取ってくれ、自由にネットショッピングの出来る宅配ボックスの設置。警察から注文の多い防犯カメラ。室内に洗濯物を干せる室内物干しの設置などです。スペースと使い勝手を判断しなければなりませんので、どこでも出来る訳ではありません。費用も掛かりますので、オーナーの皆様のご了解を得ながら少しずつです。

共益費のたまっているアパート・マンションでは、共益費の使い道として考えても良いのでしょう。 ゴミ出しの問題はアパート・マンション居住者にとって大きな問題です。週3回、当日の朝8時30分までに出すことになっています。収集日以外に出していたり、収集車が早い時間に来てしまったりすると、鳩や猫、時には強風などで散乱してご近所に迷惑を掛けてしまいます。当社で清掃に行ったり、生ゴミを会社に持ち帰ったりすることも再三あります。そこで、しっかりしたフタの付いた金属製のゴミボックスがあれば、時間外に入れてもまず大丈夫です。最近はずいぶん改良されて、良い物があります。大きさや材質によって変わりますが、10万円~20万円位で設置可能です。

宅配ボックスは宅配サービスの人が宅配ボックスに配達物を入れ、鍵をセットし、開錠番号を受取人に通知する仕組みで、不在でも荷物を受け取れます。ネットショッピングや、実家からの宅配便の多い若者には便利な設備です。少しのスペースと20万円位の費用が掛かります。

防犯カメラは入居者から要望が多い設備です。最近は警察も盛んにすすめてきます。自転車や洗濯物の盗難にあった入居者が警察に届けを出すと、大家さんに防犯カメラを付けてもらいなさいとアドバイスされます。事件や事故があって警察官が現場に来ると、防犯カメラの有無を一番先に聞かれます。

今の時代は何の仕事でも大変ですが、要望や変化を汲み取って良い経営をしていけば、道は開けてくると思っています。

7月12日に行いましたオーナーセミナーへのご参加ありがとうございました。
次回も是非お越し下さい。 今回お越し頂けなかった方々、次回のご参加をお待ちしております。
これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
2019年1月号
「流動化する時代」と「トーコーキッチン3周年」
2018年12月号
「信頼は毎日コツコツと」と「変化を生む提案を」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号