オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2012年11月号

冷蔵庫・洗濯機設置サービスが好評です。

ようやく秋らしい天気が続くようになりました。 冬の気配もしてきました。 お元気にお過ごしのことと思います。 いま当社の入口に大輪の菊が飾ってあります。黄金色で気品があります。小菊は店内に飾ってあります。毎年、近所に住んでいて駐車場を借りて頂いているお客様が持ってきてくれるのです。ご自宅は菊をはじめ、色々な花でいっぱいです。こういう交流が出来るのも仕事の中の楽しみです。

10月13日(土)に渋谷の青山学院大学前で、当社を宣伝するチラシを受験生に配りました。150部くらい受け取ってもらうことが出来ました。早速サッカー部に入部するという新入生から問い合わせがありました。サッカー・ラグビー・テニス・陸上などは相模原にグランドがあるので、文科系の学生でも相模原に住むということが分かりました。従って、文科系の学生全部が相模原からいなくなる訳ではなさそうです。チラシ配りは全部で5回を予定しています。 もう来年の繁忙期対策に入っています。

最近、業者間ニュースでこれまでにない安い賃料の物件情報が回ってくるようになりました。ワンルームで2万円台、2DKで3万円台です。これまでは小田急線方面で、古い・狭い・立地が悪いという部屋ではあったのですが、横浜線沿線にはありませんでした。アパート・マンションの空室が増えてくると、思い切った賃料設定も飛び出してきます。 当社の方針は価格勝負ではありません。住んでくれているお客様が満足し、安心して快適に暮らしてくれることを目指しています。 契約書の内容も、貸す人と借りる人が、平等で公平で透明な関係が成立することを目指しています。 住んでくれているお客様が困っている事や希望している事をお客様要望といっていますが、その要望にしっかり対応していきます。要望も年々多様化し、高度化していっています。10年前なら全くなかった要望や考えられなかった要望も出てきています。夜中に鍵を持ってきてという要望などはそうです。「病院に連れて行って」「エアコンがつけっ放しになっていないか見てきて」なども昔は無かった要望です。蜂を退治してという要望に対して、業者を手配して退治しようとしたら、オーナーの方にすごく怒られました。70代のオーナーは、蜂や蛇などは他人に依頼して、あるいはお金を払って退治するものではないのです。こういう失敗もたまにはありますが、努力していると分かって頂ければ、オーナーにもお客様にも理解してもらえます。 防犯というサービスは大体達成出来ています。 昨年から始めた、単身者用の部屋に冷蔵庫・洗濯機を設備として設置するサービスは好評です。今年は更に進めていくつもりです。 今年から始めたインターネット環境を設備として準備するサービスも、若い入居者にとっては部屋選びの決め手になりそうだと思っています。インターネット無料で使い放題というキャッチコピーもよくみかけるようになっています。この設備のためには、オーナーがNTTやJ:COMと契約して、一室当たり2,000円~3,000円を毎月負担しなければならないのですが、入居率が上がれば採算はとれます。 良いサービスと便利な設備で賃料の下落を押し戻し、高い入居率を実現していくのが当社の方針です。いろいろ提案しますが、是非御一考をお願いします。

引越で退室していくお客様から、東京や横浜で良い不動産業者を紹介して欲しいと時々言われます。しかし当社と同じような契約内容・サービス内容を提供している同業者を知りませんので、紹介出来ません。学生の方なら、学校紹介の業者を選びなさいと言っています。何かの時、学校に間に入ってもらえるからです。 11月17日(土)にオーナーセミナーを行います。すでに案内が届いていると思います。今回のメインセミナーは沓掛伸二医師に依頼して、『認知症』をテーマで講演して頂きます。高齢者の10人に1人が認知症になるということですから、予防法を知って、しっかり予防したいものです。 ご参加をお待ちしています。 これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年6月号
「社会の変化」と「今後の課題」
2019年5月号
「今あるものを大切に」と「地域のプロになる」
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号