オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2012年8月号

駐車場の空きが急に増えています。

残暑お見舞い申し上げます。 暦の上では8月7日の立秋をすぎました。 朝晩の風に涼しさを感じる時もあります。 お元気にお過ごしでしょうか。 今、当社では社員が交代で夏休みを頂いています。来客も少なく、業務に余裕の出る時に有給を消化しています。それでもポツポツと来客があります。 また、エアコンの故障や違法駐車等の要望も一日に2~3件は必ずあります。 きちんと素早く気持ちよく対応できるようこころがけています。 エアコンの故障の中には、一回コンセントからケーブルを抜いて挿し直し、リセットをかけることで復旧するものもあります。エアコンの不具合の際は、必ずフィルターをチェックするようにしています。フィルターの清掃を怠ったことによる故障は使用者の責任になるのと、正しい使用法を守ってもうためです。

来客の内容は、9月から宇宙研に通学する学生や、実家から通いきれない学生など、例年通りのものもあります。実家から通えない学生で青山学院の文系の学生の場合、来年の1~2月までの短期になりますので、礼金1、敷金1、クリーニング義務ありという条件にしてもらっています。オーナー負担をなくすために礼金を1ヶ月分頂いています。来年の春までに退室してもらえば、空室期間が短くなりますし、次の募集にも好都合です。 今年の来客で多いのは、地方から就職のため上京してくる若者と若いカップルです。内訳は、北海道から3人、秋田から1人、岡山から1人でした。就職先も居酒屋だったりアルバイト程度だったりします。 地方には仕事がないと言っていました。人柄をみたり、家賃保証会社の加入を条件にしたりして入居をすすめています。 若い人には良い方向にいく可能性も、悪い方向に行く可能性もあります。良い方向へ行くように祈る気持ちです。 今年多くて、例年にないもう一つのタイプは、住宅を手放して単身で部屋探しに来る中年男性です。背景に、住宅ローンを払えず住宅を手放し、離婚して独りになっているとのことです。やはり人柄と勤務先をみるのと、家賃保証会社の加入を条件にして入居をすすめています。 40代50代のこの人たちには将来に明るい未来を描くのは困難です。とりあえず5年、10年家賃を払ってくれればありがたいという気持ちです。 今の日本はゆっくりと沈んでいっているような感じです。 大企業でも大赤字を出して大リストラ(工場閉鎖、人員削減、給与カットなど)に追い込まれている企業が何社もあります。また、海外移転が続出しています。当社の周辺でも閉店する店舗が増えています。タクシーの運転手が夜は人が歩いていないと言います。地方では特に大変なのでしょう。給与が下がって住宅ローンが払えなくなるのもわかります。

駐車場の空きが急に増えています。当社では、アパート・マンションに付属する駐車場と別に1400台近くの駐車場をお預かりしているのですが、そのうちの20%が空いています。これはここ1~2年で生まれた現象です。それまでは、満車続きでした。当社のお預かりしている駐車場は、清掃をし、除草をし、砂利を入れてきれいにしていますから他の駐車場に負けてはいません。要望もきちんと受け付け、違法駐車があってコインパーキングを利用した時は、コインパーキング代も負担しています。 車を手放したり、2台を1台にしたりする傾向があります。また、供給側からするとアパート・マンションを建てるよりリスクの低い駐車場経営にすることもあります。 やる事をやった後は値段勝負です。他の競合駐車場より500円でも1,000円でも安くすれば、満車にできます。当社担当者がお願いした時は是非応じて下さい。良い時代がまた来ると思ってはいけません。悪い時にきちんと対応して良い経営を勝ち取るのです。

今のところ当社の営業成績は前年を上回っています。特別な事は何もやっていません。口コミや紹介、評判などが大きな力になっています。このまま丁寧に仕事をしていけば良いと思っています。来年は、青山学院の文系の学生が相模原キャンパスに来ず、渋谷本校にいってしまいます。理系の学生だけが相模原キャンパスに残りますが、今より約70%減るとのことです。 来年、淵野辺周辺のアパート・マンションに大きなマイナスの影響があります。 どうしたらよいか、オーナーの皆様に正しい提案ができるようにしたいと思っています。 これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年6月号
「社会の変化」と「今後の課題」
2019年5月号
「今あるものを大切に」と「地域のプロになる」
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号