オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2020年2月号

「求める声に応える」と「想いを繋ぎ、ご縁を紡ぐ」

もう2月、梅のたよりのきこえてくる頃です。
立春も過ぎましたが、あまりの暖かさに草も木も驚いていることでしょう。
お元気にお過ごしでしょうか。


求める声に応える
池田 信


最近、街中にコインパーキングが目立ちます。新聞によると、地方都市でも店舗跡地はコインパーキングだそうです。その他に賃貸アパート、マンション、建売り住宅、分譲マンションも多いと感じます。人口減少時代で空き家対策が政治課題になっている時に、ちぐはぐです。相模大野の伊勢丹の跡地も分譲マンションに決まりました。

商店街がシャッター通りになっていく中で、塾や整体、病院、美容院、保育園、コインランドリーなどサービスを主体とする業種が目立つようになってきました。街の顔の銀行店舗も これから変わっていくでしょう。

不動産、住宅も求められているのはサービスです。正確な情報、わかり易い契約、安心できる引き渡し、要望対応、生活支援などサービスが求められています。当社の目指す方向です。

繁忙期を迎え、入居者の入れ替わりが多くなっています。いろいろな要望がでてくると思いますが、オーナーの皆様のご協力が必要です。

よろしくお願いします。


想いを繋ぎ、ご縁を紡ぐ
池田 峰


本当におかげさまで、昨年に続き2020年も好成績でスタートさせることができました。「過去5年で一番の実績でした」とご報告した昨年1月の成績を、またさらに上回るものとなりました。これもひとえに、皆さまから賜っている不断のお力添えによるものです。ありがとうございます。

最近、切に感じていることがあります。それは、当社は本当に良いオーナーの皆さまに恵まれているということです。良いオーナーさまの物件には、自然と良い入居者さまが集います。それゆえ、当社は良い入居者の皆さまにも恵まれているのです。そのことは、先述した1月の成績のような成果となって現れるだけではなく、例えば、それは夜間の緊急出動回数にも見て取れます。

ご存知のとおり、当社は営業時間外を含む24時間緊急対応を自社で行っています。私自身もその担当をしているのですが、年々、出動回数が減ってきているのです。そして、その傾向はトーコーキッチンの運営開始以降にいっそう強まり、開始以前と比べ30%減となり、40%減となり、50%減となり……、ついに昨年は85%減となりました。

トーコーキッチン運営開始以前と比べて、営業時間外の夜間緊急出動回数が1/7になったのです。これは、オーナーさまが物件メンテナンスに日々ご協力くださっていることと、入居者さまが日頃から当社と円滑なコミュニケーションを図ってくださっていること、この二つの賜物だと感じています。

当社は、良いオーナーさまの物件に良い入居者さまがより集いやすくするための企業努力を怠らず、互いの立場からの想いを繋ぎ、ご縁を紡いで、安心・安全な住空間を変わらずに提供し続けることに尽力します。いよいよ大学の一般入試が始まり、繁忙期のピークを迎えます。引き続き、お力添えの程よろしくお願い申し上げます。

最後に、4月1日の民法改正に伴い、契約書類の内容を更新します。以前にお伝えしたとおり、賃貸借契約に関わる改正点のほとんどは現行の当社契約書類のままで問題ないのですが、「連帯保証人保護のための極度額設定」と「賃借物の一部使用不能による賃料の当然減額」の2点に対応が必要となります。

業界の動向を鑑みながら、熟慮を重ねた新しい契約書が出来あがりました。当社の契約書の特長である、貸す方も借りる方も納得いく公平・公正さを保ったものです。

当オーナー通信とは別に、改めて近日中に皆さまへ郵送させていただきます。
ご確認くださいますようお願い申し上げます。

最近の記事
2020年3月号
「逆境の中でこそ」と「信頼と実績を礎に」
2020年2月号
「求める声に応える」と「想いを繋ぎ、ご縁を紡ぐ」
2020年1月号
「支持される仕事を」と「入居者の日常に寄り添う」
2019年12月号
「今あるものを大切に」と「お母さまからのメール」
2019年11月号
「選ばれる経営を」と「『これから』に備えて」
過去の記事
2020年

1月号

2月号

3月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号