オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2017年2月号

変化している需要に対応し、賃貸住宅経営をしっかりと支える

立春も過ぎ、春らしくなってきました。
梅の花が満開なのを見かけます。

お元気にお過ごしでしょうか。

現在、事務所内は新入生で賑わっています。遠く熊本、青森から来た人もいました。
新しい生活への不安と期待にあふれた顔を見ますと、少しでも不安を少なくしたいと思います。住むことの不安をなくすのが私達の仕事です。食べることへの不安はトーコーキッチンがなくしてくれます。それは他社にない強みです。
こんな広告が新聞の折り込みチラシに入っていました。
“春のスマートチャンス!礼金、仲介手数料、更新料なし、フリーレント2ヶ月、商品券8万円分プレゼント”

どこの会社だと思いますか。答えは東京都の住宅供給公社です。都民の税金を投入しているのですから、礼金・仲介手数料・更新料なしでも経営は成り立つでしょう。

町田・木曽33,000円~57,400円、本町田住宅36,900円~57,000円、高ヶ坂住宅30,300円~58,500円、境川住宅35,900円~59,400円とあります。いずれも1DKから3Kの住戸です。1960年代から70年代に建てられ、建築当初は圧倒的に住宅不足の時代だったので、入居は抽選で決められたものです。時代は変わり、現在は特典付きで入居者を募集しています。

こんな広告もありました。
“フリーレント5ヶ月、賃料共益費相談、礼金0、更新料0、敷金10ヶ月”

多摩ニュータウンにあるビジネスビルの募集広告です。賃料・共益費相談ということは、賃料はいくらでよいので入居して欲しいということです。事実、大型の6階ビルの半分が空いています。

立地も仕様も、テナントビル計画のどれも計画当時は妥当だったのです。しかし、今はこの地域からビジネスチャンスがなくなっているのです。大型モールや、再開発ビルが大量につくられているということもあります。そのモールや再開発ビルも栄えていません。

若者がいなくなり、消費も減り、収入も上がりません。現在増えているのは、高齢者向けの介護系や整体系だけです。あるいは逆に子育て系の施設です。時代は変わっています。

2月1日に発表された、国土交通省の建築統計によりますと、2016年の住宅着工は、前年比6%増96万戸だそうです。2年連続のプラスで、特に貸家は10%増の41万戸です。相続税対策と低金利の影響で大量供給されていますが、国は空家・空室を心配しています。また、賃貸住宅の借り上げ契約のトラブルも増加しているそうです。

同日に発表された総務省の人口移動報告によりますと、全国47都道府県のうち人口が増加したのは東京都をはじめ7道府県だけで、40の道府県は人口が減少しています。神奈川県は全国4位の増加数ですが、1年に12,000人余りしか増えていません。この増加率は0.2%にもなりません。しかも横浜・川崎に集中していて、相模原は横這いです。

当社は今年も昨年同様、変化している需要に対応していくことを主要なテーマとしていきます。

既にあるアパート・マンションを補修し、改善し、新しい設備を導入し、現在の賃貸市場で選ばれる部屋づくりをしていきます。基本中の基本の清掃をしっかりとし、多様な入居者要望に対応していきます。お預かりしているアパート・マンションを満室し、賃貸住宅経営をしっかりと支えていきます。

今年もよろしくお願い致します。

最近の記事
2021年2月号
「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」
2021年1月号
「変化に応える」と「当社のサービス姿勢」
2020年12月号
「密着サービスとデジタルビジネスの融合」と「もっと皆さまのお役に立つために」
2020年11月号
「最良の選択」と「身近な他人」
2020年10月号
「今あるものをより永く」と「想定外のシステムエラー」
過去の記事
2021年

1月号

2月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号