オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2016年7月号

逆風の中で良い賃貸住宅経営を続けていく秘訣

梅雨明け間近になってきました。暑い日が続きます。
お元気にお過ごしでしょうか。

先月6月18日(土)は第32回オーナーセミナーを行いました。約50人のオーナーの方々が参加してくれました。相模原警察の防犯係の笠原巡査部長の講演が好評でした。昨年は年間70回も講演をしたそうで、話が上手でした。次回は11月12日(土)の予定です。当社の顧問税理士の白井先生に「賃貸住宅経営の節税法と相続対策」という内容で講演をしてもらいます。賃貸住宅の税金についての講義は他では聞けません。皆様のご参加をお待ちしています。

最近の事ですが、1日に2度、公営住宅に申し込む為の居住状況証明書を書いて欲しいと頼まれました。家賃の安い所へ引っ越したいとの事でした。1人は70代の年金生活者、もう1人は40代で4人家族です。2人とも5年以上住んでくれている優良入居者です。公営住宅には税金が投入されていますので、民間より家賃は安くなっています。

これまでは入居希望者が多くて、競争倍率が高かったのですが、だんだんハードルが下がってきています。新聞の折り込み広告で大きく立派な印刷で住宅供給公社や、UR賃貸(前の住宅公団)が入居者募集している事があります。先日の東京都住宅供給公社の広告では、「礼金なし、更新料なし、保証人なし」。「入居後2ヶ月フリーレント、80,000円プレゼント」をうたっていました。公営住宅が民間住宅を圧倒する条件で入居者募集をしているのは民営圧迫で本来やってはいけない事です。

建て売り住宅も大量供給されています。住宅ローン金利は史上最低金利を更新中です。例えば、年利0.55%で35年返済のローンで3、000万円を借りるとボーナス返済なしで月々返済は78,540円です。家賃相当額でマイホームが買えるというのが売り手の殺し文句です。家賃を払うより住宅ローンを借りて買った方がいいと誰でも思います。35年という長期間や、金利の上昇、家の資産価値の下落というリスクは無視しています。

また、賃貸住宅も大量供給されています。今年相続税の増税が行われてから、流行病の様です。その背景は金融の超緩和、低金利、35年という長期返済です。ここでも低金利の継続性、35年後の人口の変化は無視されています。

35年後の日本の人口は今より30%減って、1億人程度と予測されています。しかも高齢者が人口の40%程度を占めると予測されます。こういう逆風の中で、良い賃貸住宅経営を続けていく為にはこれまで以上に工夫して競争に勝ち抜かなければなりません。コストもかかり、これまでのような収入は望めないかもしれませんが、競争に負けて退場する訳にはいきません。苦しくても勝ち抜かねばなりません。

最近繁盛店の存在が気になっています。消費全体は停滞し商店街ではシャッターの降りたままの店舗が増えている時に行列を作っているお店があります。繁盛しているお店の繁盛の理由の第1はリピート客の存在でしょう。当社の仕事でも同じです。当社では来客の30%を紹介、リピート客が占めています。中には親子2代にわたって30年以上のお付き合いの顧客もいます。

今、民泊という新しい住宅の利用法が注目を集めています。ホームステイから発達し、今では案内サイトに3万件以上の登録があるそうです。政府も観光立国の趣旨から民泊を活用したいようです。現在立法化を計画中です。営業日数の制限や苦情受け付け窓口の設置、防犯を争点に審議中です。民泊という新しい住宅の利用法が確立すれば賃貸住宅にも新しい活用法が出てくるかもしれません。研究しなければいけません。

向暑の折、どうかお身体を大切にお過ごし下さい。
これからも宜しくお願い致します。

最近の記事
2021年2月号
「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」
2021年1月号
「変化に応える」と「当社のサービス姿勢」
2020年12月号
「密着サービスとデジタルビジネスの融合」と「もっと皆さまのお役に立つために」
2020年11月号
「最良の選択」と「身近な他人」
2020年10月号
「今あるものをより永く」と「想定外のシステムエラー」
過去の記事
2021年

1月号

2月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号