オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2015年6月号

世界中でおこる天災に対する賃貸管理対策

そろそろ梅雨入りです。
暑かったり、寒かったり、蒸し暑かったり、気候不順な季節です。
お体にお気を付けて下さい。

5月25日、5月30日と立て続けに震度4の強い地震がありました。5月25日の地震では、当社の管理しているマンションやビルのエレベーター13台のうち4台が停止しました。5月30日の地震では、エレベーターの停止はありませんでした。

震度4以上の地震の時は、エレベーターの状態を見に現地へ行きます。人の閉じこめがないか、エレベーターが正常に作動しているか確認します。もし停止しているようなら、エレベーターの保守管理会社へ連絡して復旧してもらいます。いつ来てくれるかはその時の状況によります。

5月30日の地震では、関東圏で人の閉じこめが14件、停止は13,000件だったそうです。数が多くなるとエレベーター会社は①閉じこめの起きているエレベーター②病院③役所④高さ60m以上の高層建物⑤その他の順で復旧していくのだそうです。当社の管理しているマンションはその他に当てはまりますので、復旧は一番後回しです。

エレベーターが停止した時は、当社では各階の乗り口に『復旧作業要請中』という貼り紙をします。入居者の方に安心してもらう為です。この作業が当社の営業時間内ならば問題はありません。5月25日の地震は午後2時半でしたから、すぐに手分けして現地へ行きました。

5月30日の地震は午後8時半で営業時間外でしたが、4人の社員が見回りに出動しました。この4人の社員は比較的会社の近くに住んでいて、有り難いことに飲酒の習慣がありません。そのため夜間の出動にも対応できます。どういう役割分担で動いたら効率的か研究中です。

最近大地震や火山噴火、大雨、土砂災害が世界中で頻繁に起きています。従ってこれからは緊急事態に備えなければなりません。当社は非常用電源として蓄電池を備えました。PHSも用意しました。水・食料・簡易トイレ・自転車などは15年前から備えてあります。

緊急時には出勤出来る社員は全員会社に集まります。アパート・マンションの見回りをして状況把握をします。救助や応援が必要なら出来るだけのことはします。日頃から仕事を発注している協力業者の皆さんにも声をかけ、助けてもらうつもりでいます。

5月6日の読売新聞の記事によりますと、首都圏直下型地震で震度7が起きると、最大31,000台のエレベーターで閉じこめが起きると予想されています。この復旧には何日かかるのでしょうか。先の優先度からいいますと、当社の管理しているマンションの復旧は最後になります。1日、2日、3日と狭いエレベーターの中に閉じこめられたら、人はどうなるのでしょうか。高層マンションでは外に出られない人も沢山でるでしょう。高層ビル・マンションはもう人間が制御できる限界を超えていると思います。エレベーターがあっても使用しない用心が必要なのでしょう。

もう5~6年前になりますが、エレベーター会社から非常時のエレベーターの動かし方を教わったことがあります。人が閉じこめられたエレベーターを最寄りの階まで動かして救出する方法です。最上階から屋上へ出て、エレベーター機械室に入り手順通りいくつかのスイッチや電源を操作してエレベーターを動かすのです。

1回や2回ではとても覚えきれません。危険もあります。大地震の後では、屋上へ出るドアやエレベーター機械室のドアが歪んで開かないケースも考えられます。金属製のドアをこじ開ける大型の道具も必要でしょう。自力でどこまで対応できるか研究していきます。先程の優先順位で最後の順位ですから自力でやる覚悟が必要です。

最近の入居者要望には、かなりきついものがあります。過去には経験していないものです。

あるマンションでゴキブリが出たのですが、ゴキブリが出たのは建物に隙間があり、ゴキブリが自由に出入りできるのは欠陥であり、巣があるのではないかと疑っているとのことでした。従ってゴキブリ駆除の専門業者を当社の費用負担で手配して欲しいとのことでした。要望の通りにしました。その後は幸いにゴキブリは出ず、一件落着しました。ゴキブリ駆除の費用を負担したのは初めてのことです。

あるマンションでは湿気がひどくて、床に置いた本が濡れる、マットレスの下にカビが生えた、健康に悪そうだから湿気対策をして欲しいと言われました。5階建て鉄筋コンクリート造の2階の部屋で、築15年ですがこれまで一度も言われたことはありません。同じ造りの上下階からも言われていません。日当たりもまあまあの部屋です。湿気対策として部屋の使い方の話をしたのですが聞き入れてくれません。除湿機を設備として設置し、貸主が電気代として毎月1,000円負担するということで決着しそうです。現在除湿機をカタログで選んでもらっています。5~6万円はするものです。

このように大幅に譲歩して決着した方が、空室をつくったり不毛な言い争いをするよりも良いと思っています。損して得とれです。

これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2021年2月号
「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」
2021年1月号
「変化に応える」と「当社のサービス姿勢」
2020年12月号
「密着サービスとデジタルビジネスの融合」と「もっと皆さまのお役に立つために」
2020年11月号
「最良の選択」と「身近な他人」
2020年10月号
「今あるものをより永く」と「想定外のシステムエラー」
過去の記事
2021年

1月号

2月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号