オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2012年4月号

春の引っ越しシーズンの繁忙期が4月の上旬で終わりました。

桜が満開です。 いよいよ春本番です。 お元気にお過ごしでしょうか。 春の引っ越しシーズンの繁忙期も4月の上旬で終わりました。全員で力を合わせ、残業と休日出勤を繰り返し乗り切りました。1月は出足が鈍く心配しましたが、後半に盛り返し、前年成績を上回りました。しかし、昨年は3月11日の大震災による混乱と落ち込みがありましたから、あまり比較にはなりません。2年前、3年前よりは大きく落ち込んでいます。他社の話を聞いてみても全体としては低調でした。 当社の場合、来客のうち7割は学生です。社会人は非常に少なくなっています。就職や転勤による部屋探しが少ないのです。大学生協によると、学生の部屋探しも例年より少ないということでした。 経済の低迷と、それ以上に先行きの不安感で、地元の大学、それも国公立大学を選ぶ傾向が強まっています。入居者の母親で高校の教師をしている人の話では、大学よりも専門学校を選ぶ生徒が多いとのことです。その結果、10年20年30年と満室を続けていたアパート・マンションで空室が発生しました。立地や家賃・設備で、選ばれるアパート・マンションと選ばれないアパート・マンションが2つにはっきり分かれました。終盤は大幅値下げで勝負する業者も出てきました。家賃相場は大きく下がっています。設備面ではTVインターホンを希望する人が増えています。家電付きも大幅に増えて、来シーズンはもう必須になりそうです。家電というのは冷蔵庫・洗濯機です。

賃貸住宅市場も大きく変わっています。需要と供給のバランスが崩れ、部屋余りがハッキリしてきています。入居者に選んでもらえる部屋を用意しなければなりません。入居理由のアンケートを貰っているのですが、礼金ゼロ敷金ゼロ通常損耗オーナー負担という貸し方は、強い競争力を生んでいます。カードキー・カラーリング・防犯・24時間対応・明るい店舗・親切丁寧な接客など、どれも入居理由になっています。それでも空室が発生しています。繁忙期を過ぎ仕事に余裕の出るこれから、更に競争力を強化し、選んで貰える部屋作りを目指して改善をしていきます。オーナーの皆様も改善提案を御検討して下さい。

繁忙期には退去と入居の間隔が短くなり、慌ただしいスケジュールになり見落としも発生しました。ある部屋では換気扇の清掃が忘れられていた為に油汚れが残ったままで、入居者にすごく怒られました。清掃業者が忘れていたのですが、当社も入居前点検で見落としていたのです。カードキーの不具合が4ヶ所で発生し、その原因がまだ掴めていません。当社の作成ミスなのか、磁気発生機の誤作動なのかメーカーに聞いて原因を追及します。来店客の一人を一団の客の一人と思い、気付かずに待たせてしまい怒られました。小さなミスもお客様を傷付けてしまいます。気を付けようと思っています。 アパート・マンションの空き部屋からエアコンと給湯器が盗まれるという事件が発生しました。エアコンの室外機は以前にも盗まれたということを聞いたことはあります。今回は室内機も盗まれました。他業者が案内しやすいように、鍵をキーボックスに入れて現地に置いてあるのですが、それを使って部屋に入り、室内機も盗んだのです。犯人は業界の事情に詳しいようです。現在は現地の鍵を全部引きあげ、他業者が案内する時は、当社が開けに行くか取りに来て貰うことにしました。世の中が物騒になって、小さな金額の強盗があったり、公園のステンレス製の柵が盗まれたり、マンホールの蓋まで盗難に遭ったりしています。水道メーターが軒並み盗まれたという記事もありました。現場に来た警察官も驚いていました。今回はオーナーが総合型の住宅火災保険に入っていたので、保険で対応できたのは幸いでした。これからは単なる火災保険より、総合型で地震保険付きが良いと思いました。

今年は外国人留学生も少なくなりました。やはり日本は敬遠されています。外国人を断るオーナーや業者がまだまだいて、入居をお世話して喜ばれるケースもありました。大学の担当者が当社を紹介してくれるケースもあります。外国人特有の問題というのは特に無いのですが、日常会話の声が大きいという苦情が隣室からきたというケースがありました。事情を説明して日本の習慣に従うようお願いしました。会社員でしたが、その会社は多国籍企業で外国人が多く、日本の習慣が分からずトラブルになることも多いので、当社のように事情を話してくれると有り難いと逆に感謝されました。今後は外国語対応の出来る社員が必要になってきます。 賃貸住宅管理業者登録を行いました。 登録番号は『国土交通大臣(1)1601号』です。全国で1601番目なので普及は遅れています。この制度が定着するかはまだ分かりません。現在は義務が無く任意です。しかし、しっかり仕事をしていく上でこの登録は邪魔にはなりません。 これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年6月号
「社会の変化」と「今後の課題」
2019年5月号
「今あるものを大切に」と「地域のプロになる」
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号