オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2011年4月号

東日本大震災後に見回りをしました。

桜の季節になりました。 一年中で一番良い季節ですが、今年は東日本大震災のために明るい気持ちになれません。 大震災の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。 当社の所属している団体、商店会、法人会、宅建協会、全国賃貸管理ビジネス協会は、それぞれ募金活動をしています。宅建協会と全管協は、被災者を受け入れられる民間賃貸住宅の情報提供を行っています。当社ではオーナーの皆様からお預かりしているアパート・マンションのうち、現在空室になっているファミリー向け31室を情報提供しています。話が具体的になりましたら、オーナーの皆様に相談にのって頂くつもりでいます。条件は礼金なし、仲介手数料なし、3ヶ月や6ヶ月の短期貸しを認めるというものです。全管協では更に賃料1ヶ月無料という条件も加えています。こんな大災害ですから、お役に立てれば多少の事はよしとしなければなりません。

オーナー様の中に東北出身の方がいて、被災地に行って来たとの事で、生々しい話を伺いました。お客様の中に福島原発に勤めている人がいました。申し訳ありませんと中堅社員の方が頭を下げるのです。東電の社長よりよほど立派な人でした。相模原に住んでいる息子さんを頼って福島から避難してきて、部屋を探しにきた70歳位の御婦人もいました。 大震災の後、アパート・マンションの見回りをしました。停電が予想される間は、エレベーターの使用を禁止し、電気錠であるオートロックは解除してドアを解放しました。 建物全てで異常はありませんでした。お客様からは、ガスが出ない、実家にいるので室内を見てきて欲しい、壁にヒビが入って心配だという要望がいくつかありました。ガスが出ないのはマイコンメーターが作動している為で、リセットすれば良いのですが、やり方が分からないという時は出動しました。マンションでも5階以上では棚から物が落ちたり、ベッドが動いたりしていました。壁のヒビはクロスのはがれ程度でした。 東北地方の同業者で、太平洋側に位置している場合は大変な被害がでています。どこから手をつけて良いのか分からない程の所もあります。こちらでも東海地震や首都直下地震も予想されていますので、これからも危機管理には気を付けていきたいと思っています。大地震・大災害の時、当社がまずしなければならないことは、アパート・マンションの現状把握です。今回は車が使える状況だったので楽でしたが、車が使えない時の事も想定しておかなければなりません。オートバイ・自転車が有効です。当社の管理している物件は、ほとんどが徒歩でも見回り出来ます。

3月の大移動期のさなかに大地震が起きたため、大きい影響を受けました。東北地方とは、行くことも来ることも出来ず、連絡もつかないこともありました。横浜線が全く動かなかったり、停電が予想されたり、ガソリンを求めて長い列が出来たりしました。 来店客も大幅に減りました。桜美林大学は新学期が5月からになりそうです。青山学院と和泉短大は通常通りだそうです。4月に入って3月の分を取り戻せたら良いと思いますが、果たしてどうなるか分かりません。 今年は青山学院の文系が、来年から青山キャンパスに移るため相模原キャンパスは1年間のみということで、大幅に減りました。1年間だけ居住するため、保険も1年しかかけない人も多くいました。そのうえ不況の影響で下宿する学生が減っています。桜美林大学では淵野辺駅前に230室の寮をつくりました。その上、大地震で交通は途絶しますし、気分も落ち込みます。いろいろな理由で成約数も売り上げも昨年比20%減です。同業者に言うと、それは良い方と言います。全国的にはもっと落ちているのだそうです。 今年は冷蔵庫・洗濯機を設備として備えることを始めました。 オーナー様のご了解を頂けた120室に設置しました。効果は充分あがり、この設備があるので決めたという人も多くいました。いらないと言われて移動したのは1~2件です。それも手違いで既に買ってしまったというものです。 これからはエアコン同様、あるのが当たり前になると思います。

これまで入居者サービスと呼んでいたサービスを、マスコミが生活支援サービスと呼んでいました。この方がサービス実態をあらわしていると思いますので、当社も呼び方を変えます。失くした部屋の鍵をお届けしたり、洗濯機のホースを接続したり、引っ越しの時の駐車場を提供したり、粗大ゴミを片づけたりというサービスです。このサービスを入居者は強く求めています。 これからの部屋余りの時代には、入居者獲得競争が激化していきます。競争に勝ち抜くために、家賃値下げやフリーレントという方法もあります。当社は『礼金ゼロ・敷金ゼロ・退去時修繕義務なし』という貸し方と、生活支援サービスを柱にして競争していきます。今の所、充分競争に勝つ目算はあります。 これまで以上に頑張りますので、オーナーの皆様もよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
2019年1月号
「流動化する時代」と「トーコーキッチン3周年」
2018年12月号
「信頼は毎日コツコツと」と「変化を生む提案を」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号