オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2019年2月号

「市場の変化」と「選ばれる理由」

立春(2月4日)を過ぎると、春の気配が濃くなります。
日ものびてきて、風も暖かくなり、桜の枝先も桃色がかって見えます。
自然科学の発達以前の、お天気衛星もない時につくられた暦の洞察力は大したものです。

お元気にお過ごしでしょうか。


市場の変化
池田 信


当社は今、春の移動シーズンを迎え、部屋探しの来客でにぎわっています。
しかし、年々減少しています。当社が賃貸管理の仕事を主義務として40年になりますが、
その間に大きく変わりました。

40年前は貸し手市場で、シーズンの終末の3月末になると、空室は1つも残っていませんでした。礼金2ヶ月・敷金2ヶ月は、当然のこととして通用していました。畳・襖の取替え費用、鍵交換代なども借主負担でした。

現在は逆に借り手市場となっていて、空き部屋は常にあり、空室率が15%、20%といわれています。
他方、コインパーキング、シェアハウス、民泊など新しい賃貸市場ができてきています。

昨年暮れに北海道のアパマンショップが火災・爆発事故を起こしました。消臭スプレー缶を廃棄しようと、大量のスプレー缶のガス抜きを行い、引火したとのことです。
40人以上の負傷者と40軒以上の建物被害と、30台以上の車の損害が発生しました。重過失傷害と重過失火災の容疑がかかっています。消臭スプレー缶は、契約時に借り手に消臭工事をすすめて、売上をあげるための附帯商品とのことでした。それが100本以上の廃棄になり、処分する必要があったとのことです。

どんなことにも思いがけない事故や災難はあります。しかし、何事も、原因があって結果があります。日頃から事故や災難にあわないよう注意しなければいけません。

顧客の利益を考え、顧客に喜ばれる仕事をしたいと思います。
良い仕事をして、良い会社をつくり、良い毎日を送りたいものです。
これからも、よろしくお願い致します。


選ばれる理由
池田 峰


おかげさまで、2019年を好成績でスタートさせることができました。週末に限らず、平日にも思いのほか多くのお客様にご来店いただけています。1月単月でみると、過去5年をさかのぼってみても、一番の実績となっています。

一方で、少し不思議な現象が起きています。
いや、常態化してきているように感じられます。

(1)淵野辺駅徒歩10分の築20年木造アパートが卒業に伴う空室1室だけなのに対し、隣接する2018年3月新築の木造アパートはいまだ全室未入居のまま

(2)淵野辺駅徒歩5分の4万円台でバス・トイレ同室(3点ユニット)のマンションが満室なのに対し、周辺にある同額帯のバス・トイレ別のマンションには複数の空室

(1)(2)のいずれのケースにおいて、後者の方が一般的な賃貸物件的条件としては優れています。築年数、それゆえ当然となる設備の充実度、そして、圧倒的に望まれるバス・トイレ別。しかし、結果は反対になっています。どうしてでしょうか?

前者は当社がお預かりさせていただいている管理物件だからです。

紹介やトーコーキッチンを動機にご来店いただいたお客様を、オーナーの皆さまが日頃より入居者にとって住み心地のよい空間にと維持・更新してくださっている物件へご案内するからです。

そこには誤魔化しや付け焼刃なものは通用しません。絶対的な理由で訪問する不動産屋を選び、絶対的な満足度で住まう部屋を選んでいるのです。一般的な賃貸物件的条件だけが、部屋を選ぶ決定打にはもうならない時代なのです。車を所有することに憧れやステータスや意義を見出さず、むしろ所有することを厭う世代が、今、賃貸物件の入居者となっているのですから。

いよいよ今月から大学の一般入試が始まります。
繁忙期のピークとなります。
お預かりしているご資産の最大化を実現すべく、スタッフ一同、引き続き取り組みます。
お力添えの程よろしくお願い申し上げます。

最近の記事
2019年4月号
「サービスを主体に」と「新生活スタート」
2019年3月号
「仕事は楽しく正直に」と「新世代のお部屋探し」
2019年2月号
「市場の変化」と「選ばれる理由」
2019年1月号
「流動化する時代」と「トーコーキッチン3周年」
2018年12月号
「信頼は毎日コツコツと」と「変化を生む提案を」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号