オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2021年2月号

「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」

立春も過ぎ、にわかに春めいてきました。 春は曙とうたわれる通り、朝焼けがきれいです。 お元気にお過ごしでしょうか。 非常時に備え着実に 池田 信 コロナはなかなかおさまりそうもありませんが、ワクチンができたり、生活習慣の見直しもできてきましたので、もう少しで危機脱出のような気がします。コロナのために苦しんでいる人や、失業・廃業・倒産など危機にある人もいるでしょう。何とか頑張って良い時を迎えてほしい… 続きを読む

2021年1月号

「変化に応える」と「当社のサービス姿勢」

新年おめでとうございます。 本年が皆様にとって良い年になりますよう社員一同祈念致します。 変化に応える 池田 信 暮れから正月にかけて好天が続きました。一方日本海側は大雪が伝えられています。 本年はコロナに明け、コロナに暮れそうです。 コロナ以前とこれからは社会のあり方も大きく変わります。私達の業界も大きく変わるでしょう。ITの利用が進み、都心集中も緩和されます。人と人との関係が希薄になる一方、サ… 続きを読む

2020年12月号

「密着サービスとデジタルビジネスの融合」と「もっと皆さまのお役に立つために」

木々の葉もすっかり落ち、ススキも葉の根元まで枯れています。 冬です。お元気にお過ごしでしょうか。 密着サービスとデジタルビジネスの融合 池田 信 今年もいよいよ最終月になり、令和2年も過ぎようとしています。 政権の交代やオリンピックの延期など大きいニュースがありましたが、何といってもコロナウイルスの世界的大流行が最大の事件です。世界中で6,000万人を超える人が感染し、死者は150万人に迫っていま… 続きを読む

2020年11月号

「最良の選択」と「身近な他人」

秋も深まり、紅葉の季節になりました。 心配していた台風は来ませんでした。一安心です。 お元気にお過ごしでしょうか。 最良の選択 池田 信 コロナはまだまだおさまりません。アメリカ・ヨーロッパ・インド・ブラジルなど 世界中で猛威をふるっています。3密を避け、健康に気をつけ、用心して生活していくしかありません。 10月17日、来年の箱根駅伝の予選会がありましたが、桜美林大学の予選突破はなりませんでした… 続きを読む

2020年10月号

「今あるものをより永く」と「想定外のシステムエラー」

爽やかな秋になりました。 雑草が穂をつけ、重みで頭を下げています。 柿も赤くなり、栗は割れて実をのぞかせています。 お元気でお過ごしでしょうか。 今あるものをより永く 池田 信 コロナは世界で3,300万人以上が感染し、100万人以上が死亡しています。 終息はまだまだ見通せません。 コロナの影響は経済・社会全体に及んでいます。倒産廃業、リストラ、失業、生活苦などのニュースが溢れています。9月末発表… 続きを読む

2020年9月号

「変化をチャンスに」と「新たな入居者サービス『ゴーヨーキーキー』」

9月になっても暑い日が続きます。 今年の気候は極端で、7月は連日雨、8月は酷暑でした。 9月は台風の月になりそうです。 お元気にお過ごしでしょうか。 変化をチャンスに 池田 信 コロナの拡大はまだまだ続いています。密を避け、移動をしないことが大原則ですので、生活も仕事も住み方も変わってきます。 デジタル化が一気に進み、対応できる人・集団・会社と、出来ない人・集団・会社とは 大きな差がついていきます… 続きを読む

2020年8月号

「新しい生活様式と経済活動のあり方」と「変わるもの、変わらないもの」

長い梅雨が終わり、8月1日に夏空になりました。 豪雨被害が全国でおこり、気象の変調を心配しています。 お元気にお過ごしでしょうか。 新しい生活様式と経済活動のあり方 池田 信 コロナウィルスは拡大の傾向です。世界で1800万人がかかり、70万人以上が死亡しています。経済は落ち込み、空運や観光業は存亡の危機です。 私達の周囲の商売も相当な不振だろうと思います。 賃貸住宅経営は入居者がいて成り立ちます… 続きを読む

最近の記事
2021年2月号
「非常時に備え着実に」と「緊急事態宣言下の繁忙期」
2021年1月号
「変化に応える」と「当社のサービス姿勢」
2020年12月号
「密着サービスとデジタルビジネスの融合」と「もっと皆さまのお役に立つために」
2020年11月号
「最良の選択」と「身近な他人」
2020年10月号
「今あるものをより永く」と「想定外のシステムエラー」
過去の記事
2021年

1月号

2月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号